おりものの異常・かゆみ

目次

おりものの異常・かゆみ

Vaginal discharge

おりものの異常や外陰部のかゆみ、痛みなどの原因は性感染症だけではなく様々な疾患が考えられます。多いものでは細菌性腟炎、腟カンジダ、萎縮性腟炎(老人性腟炎)が挙げられます。

稀ではありますが、子宮頸がん・子宮体がん・卵管がん・外陰がんなどの悪性腫瘍が隠れていることもあるので、異常を感じた場合はご相談ください。

細菌性膣炎

腟内にはデーデルライン桿菌が生息し、これによって腟粘液は酸性に保たれ、他の悪玉菌の繁殖を防いでいます(自浄作用と言います)。

しかし、体調の悪化や生理周期・妊娠等によるホルモンバランスの変化でこの自浄作用が低下することがあります。自浄作用が低下すると、レンサ球菌や大腸菌、ブドウ球菌などの細菌が通常以上に増殖して、帯下の増加や臭いが気になったり、陰部が赤くなり痛くなったりすることもあります。

検査をして、腟錠や軟膏で治療をします。

腟カンジダ

細菌性腟炎と同様に、ストレスや過労による免疫力の低下、抗生物質の内服、生理周期・妊娠等によるホルモンバランスの変化などで腟内の自浄作用が低下しますと、常在菌であるカンジダが異常に増殖し炎症を引き起こします。感じだが増殖していると、性交渉を通じてパートナーへ感染することもあります。

強い掻痒感や陰部の発赤、ヨーグルト様(酒粕様)の帯下の増加が特徴です。自覚症状がある場合には、受診しましょう。

検査をして、腟錠や軟膏で治療をします。

萎縮性腟炎(老人性腟炎)

加齢などによる女性ホルモン(エストロゲン)の低下によって、腟粘膜は萎縮し乾燥しやすい状態になります。

すると炎症を起こしやすくなり、痒みやピリピリとした痛みを感じることがあります。中には不正性器出血や性行時の痛みが出現することもあります。(不正性器出血があった場合は、子宮頸がんや子宮体がんの可能性もありますので、検査を行い鑑別する必要があります。)

萎縮性腟炎はどれも腟剤や外用薬によって治療が可能です。
生活習慣などによっては繰り返すことがありますので、一度ご相談ください。

PAGE TOP
目次
閉じる