月経不順・不正出血

月経とは

子宮の内側は子宮内膜という組織で覆われています。子宮内膜は受精卵を着床しやすくするために、排卵後に少しずつ厚くなりフワフワのベッドのような状態になります。厚くなった子宮内膜は、受精卵が着床しなかった場合には、排卵後約2週間で剥がれ落ち、子宮口から出血として排出されます。

この出血が月経です。はがれて薄くなった内膜は、次の排卵に向けてまた厚くなり、妊娠が成立しなかったらまたはがれ落ちるというサイクルを毎月繰り返しています。

正常な月経周期は25~38日間(月経初日から次の月経までの日数)で、出血は3~7日間続くといわれています。

目次

月経不順

Irregular menstruation

月経不順とは、月経の周期が乱れたり、月経が長期間来ないことを言います。

ほとんどの場合、女性ホルモンのバランスの乱れによっておこりますが、それ以外に甲状腺ホルモンやプロラクチン(下垂体ホルモン)などの異常によっても月経不順を来たすことがあります。

ストレスをはじめ、過度なダイエットや太りすぎ生活習慣の乱れなどが原因のこともありますが、月経不順が続くと妊娠しにくくなったりしますので、受診しましょう。まずは検査が必要になります。

治療方法

基質的疾患があれば、その治療を行います。

月経不順の程度や状態に応じて、ピルや漢方薬で治療していきます。

妊娠希望がある場合には、排卵誘発剤を使用したりします。

不正出血

Abnormal bleeding

月経以外に性器から出血することを「不正(性器)出血」と言います。

排卵期に起こる中間期出血など病気ではないものもありますが、中には子宮頸がんや子宮体がんなどの重大な病気によることもあるので注意が必要です。

出血の色調は様々で、新しい血液は赤、古い血液は茶色、わずかな出血は黄色のこともあります。

不正出血のある時は、きっと大丈夫だろうとご自身で判断せずに、一度ご相談いただき、検査を受けることをおすすめします。特に、閉経後の不正出血に関しては、病気のサインであることも多いため、必ず早めにご受診ください。

不正出血に潜む病気

炎症によるもの
  • 萎縮性腟炎
  • 細菌性膣炎
  • 子宮内膜炎 など
ホルモン異常によるもの
  • 卵巣機能不全
  • 月経不順 など
良性の腫瘍
  • 子宮頸管ポリープ
  • 子宮内膜ポリープ
  • 子宮筋腫 など
子宮腟部びらん
  • 若い女性では一般的に見られる状態
悪性の腫瘍
  • 子宮頸がん
  • 子宮体がん
  • 卵巣腫瘍
  • 子宮肉腫
  • 腟がん など
妊娠に関連するもの
  • 流産
  • 異所性妊娠(子宮外妊娠) など

※不正出血を起こす病気は数多くあります。

治療方法

不正出血は重大な病気が隠れている場合もありますので婦人科外来を受診して下さい。

不正出血があった場合、原因を特定するために検査(子宮がん検診など)をする場合があります。年齢や症状、性交経験の有無によって検査の内容は変わります。

また、検査で明らかな異常を認めないようであれば、様子をみたり、ホルモン剤や止血剤による止血を行います。

PAGE TOP
目次
閉じる